業務用エアコンの購入前に注意したいこと

業務用エアコントピックス

業務用エアコンの種類とは?購入前に覚えておこう
業務用エアコン
店舗やオフィスで使われる業務用エアコンには種類があります。業務用エアコンの種類については、以下のようなものがあります。
業務用エアコンは音が静かなものを選ぶ
業務用エアコン
業務用エアコンを選ぶ際には、音が静かな物を選ぶようにするのがおすすめです。業務用エアコンを選ぶ際には、多くの人が値段...
業務用エアコンは新品だけじゃない!?
業務用エアコン
業務用エアコンは、新品で購入するというのが一番安心ですがどうしても費用などの面で、新品を購入することを迷っているという場合があるでしょう。
業務用エアコンの入れ替え効果について
業務用エアコン
オフィスや店舗に設置されている業務用エアコンの入れ替えを検討しているという人も多いでしょう。ただし、業務用エアコンの入れ替えに...

業務用エアコン設置工事について

業務用エアコンの設置工事を考えている人が知っておきたいのが、設置工事にかかる時間についてです。かかる時間は現場によって大きくことなります。また、入れ替えなのか?または新設なのか?によっても異なります。

 

例えば、入れ替えの場合には既存の業務用エアコンの冷媒ガスを回収してから、取り外しを行います。新設の場合には、新たに配管や電気工事などが必要になるというケースもあります。一般的には工事にかかる時間としては、約8時間前後かかるという場合が多いです。もちろんこれはあくまでも目安になりますので、状況によって異なります。

 

設置工事を行う前には、必ず現調調査によって既存機器やその他の状況などを業者が確認しますので、その際に工事に伴いどのくらいの作業時間が必要になるのかを確認しておくとよいでしょう。ただし、実際の工事については状況によって作業時間が前後するというのが一般的ですので、工事日を決定する際には時間に余裕を持っておくようにしましょう。このように、おおまなかことについて知っておくようにするだけでも、安心感が違いますよ。
依頼する業者については、実績のあるところなどにお願いするのがよいでしょう。

業務用エアコンの人気メーカーについて

業務用エアコンを購入するという場合、迷ってしまうのがどのメーカーの業務用エアコンを選べばよいのか?ということです。業務用エアコンで人気のメーカーについて紹介します。業務用エアコンで人気のメーカーは以下のメーカーです。

  • DAIKIN(ダイキン)
  • Panasonic(パナソニック)
  • HITACHI(ヒタチ)
  • TOSHIBA(トウシバ)
  • MITSUBISHI(ミツビシ)
  • 三菱重工

 

業務用エアコンの場合には、以上のようなメーカーのものが選ばれるケースがほとんどです。業務用エアコンの場合各メーカーによって特徴が異なる為、その特徴に合わせてメーカーを選択するというのが重要です。業務用エアコンの中で圧倒的な人気を誇るのがダイキンです。人によっては、ダイキンの業務用エアコンでないと嫌だという人もいます。アフターサービスなどもしっかりとしているので、おすすめです。ただし、欠点をあげるとすると他のメーカーと比べて価格が高いという傾向があります。出来るだけ業務用エアコンを安く導入したいと考えている人には向いていません。

 

ダイキンと対照的に業務用エアコンの中でも、比較的安いということで人気があるのがTOSHIBAです。ダイキンなどと比べるとアフターサービスの面で劣ると言われていますが、価格だけでメーカーを決めるのなら圧倒的におすすめです。

業務用エアコンのリースがお得

お店や会社に業務用エアコンの導入を考えている人も多いかと思います。とくに近年の暑さによってエアコンがないと業務に悪影響を及ぼしてしまうことにもなりかねません。従業員はもちろんですが、お客様からもクレームが出るという可能性もあります。

 

エアコンの導入を検討しているが、なかなかコスト面で導入に踏み切れないという声が多く聞かれます。一般的に、業務用エアコンを導入する場合機種やメーカーなどによっても異なりますが、数十万円の費用がかかります。お店や会社にとって大きな出費となります。

 

そんな時に、検討したいのが業務用エアコンのリースです。業務用エアコンのリースの場合、購入するのに比べて初期費用を大幅に抑えることが出来ます。また、月々一定の金額で業務用エアコンを導入することが出来るというメリットがあります。

 

さらに、新しい業務用エアコンを導入することによって電気代を抑えることが出来、月々の電気代の節約にもつながります。初期費用などを抑えられるのがメリットですが、注意したいのが、ほとんどの場合中途解約が出来ないという点です。リース期間はそれぞれの業者によって異なります。業務用エアコンの購入を検討している方は、購入だけでなくリースも検討してみるとよいでしょう。

業務用エアコンのおすすめメーカーについて

業務用エアコンを販売しているメーカーは、いくつかありますがそのメーカーの中でもおすすめのメーカーとはどこのメーカーなのでしょうか?業務用エアコンに関する技術とアフターサービスというところで考えてみると、やはりダイキンが一番のおすすめのメーカーとなります。ダイキンでは、アフターサービスが充実しており24時間365日のサポートがあります。そのため、店舗などで利用する場合には万が一の時でも安心して利用することが出来ます。

 

業務用エアコンを選ぶ際に、品質なども大切ですが価格で選びたいと考えている人も多いでしょう。業務用エアコンを価格で選ぶという場合には、東芝やPanasonicなどがダイキンと比べると比較的安くなっています。価格でどこのメーカーにしようか迷っているということであれば、このような東芝やPanasonicなどを選んでみるとよいでしょう。

 

業務用エアコンのおすすめメーカーについては、業務用エアコンを何を基準に選ぶかによって異なります。品質やアフターサービスの充実度で言えば、圧倒的にダイキンがおすすめですが、業務用エアコンを価格で選ぶということであれば、東芝やPanasonicがおすすめのメーカーとして挙げられます。

業務用エアコンの能力を決める際に知っておきたい熱について

業務用エアコンの能力を決める際には、部屋の面積だけで決めるのは問題です。業務用エアコンの能力を決めるためには、色々なところから発生する熱についても考慮しなければなりません。では、どのような場所でどのような熱が発生するのかを知っておきましょう。

 

オフィスの場合には、パソコン、コピー機などのOA機器などから熱が発生します。台数が少なければそれほど大きな負荷とはなりませんが、台数が多いという場合には十分考慮して能力を決める必要があります。店舗の場合には照明器具などから熱が発生します。理容室や美容室などの場合には、ドライヤーやその他の機器などから熱が発生しますし、飲食店では焼肉やお好み焼きなどは鉄板の熱が発生します。

 

このように考えてみると、熱の負荷がどのくらいかかるのかをしっかりと考慮しないと適切な能力を選ぶことが出来ないと言えるでしょう。また、業務用エアコンを設置する場所の近くに出入り口や窓があるという場合には、それらによる影響もしっかりと考慮しなければなりません。業務用エアコンを選ぶという場合には、ぜひ熱についてもしっかりと考慮してから決めるようにしてください。

業務用エアコンの配管について

業務用エアコンの入れ替えなどの場合には、既存の配管や配線をそのまま利用することが出来るのか?が気になるという人が多いでしょう。既存の配管や配線が使用できるかどうかは実際に状態を見てみないとわかりません。そのまま使えるという場合もありますし、腐食している、劣化しているなどによって使用することが出来ないという場合もあります。

 

配管や配線をそのまま利用することでたしかに費用を抑えることが出来ますが、使えないという場合もあるということに注意しましょう。また、隠ぺい配管などの場合や簡単に配管を入れ替えることが出来ないという状況の場合にはそのまま配管を使用するという場合があります。とくに、隠ぺい配管の場合には配管を交換するのが難しいので、原則そのまま使用することになります。

 

既存のものが使えるかどうかは、現地調査の際に業者の人に確認してもらうようにしましょう。配管については基本的に新しい物に交換してしまうというのがおすすめですが交換出来ないという場合もあることを覚えておきましょう。配線についても同じで、電線が劣化していると危険なので基本的には新しい物にした方がよいでしょう。

業務用エアコンの買い替えはどのくらいの時期に検討するのがよいのか?

店舗や事務所で使う業務用エアコンは、耐久性に優れていると言われていますが永遠に使えるというわけではありません。買い替えの時期とはどのくらいなのでしょうか?業務用エアコンは使用環境などによっても異なりますが、一般的には約10年〜15年程度で買い替えを検討するのが良いと言われています。一般的なものの耐久年数がそのくらいであるためです。導入してからこのくらいの年数が経過しているという場合には、買い替えを検討するようにしましょう。

 

他には、年数が経過していないという場合でも業務用エアコンから異音がするという場合、水漏れしているという場合、電気代がかかるという場合などには本格的に買い替えを検討するようにしましょう。このような場合には、故障してしまうというリスクが高い、無駄な電気代がかかるというリスクがあるので、早めに買い替えを検討するようにしましょう。選ぶ場合には、価格だけで選ぶのではなく、必ずその部屋に必要な能力を持ったものを選択するようにしましょう。これが大きなポイントです。これから、検討するという場合にはぜひその点を意識しながら選ぶようにしましょう。

業務用エアコン購入の豆知識

業務用エアコンは「買って終わり」ではない

 

家庭用エアコンを購入するときにもいろいろ比較して吟味するべきですが、業務用エアコンとなるとなおさら吟味が必要です。
潤沢な資金があって、ダメならすぐに買い替えればいいというつもりの企業ではない限り、できる限り費用対効果の高い物を手に入れて、ビジネスを促進していくことを目指すことになるはずです。
業務用エアコンの購入に関していえば、それは単に販売店から購入して終わるという問題ではありません。
それ以外にも、個人での設置は難しいので、設置工事の質や保証、本体の保証と故障時の対応などが関係してきます。
そこで、大切になってくるのが「販売価格の安さ」だけではなく、安心できる業者、販売店の選定になります。

 

業務用エアコンの製品の選定以前に重要なこと

 

新規で業務用エアコンを購入する場合、どのメーカーのどのような種類のものを選べばいいのか悩み始めるかもしれません。
もちろんリサーチしてみることは大切ですが、それよりもっと効果的な方法があります。
それは、信頼のおける販売店、業者を探してみることです。
信頼のおける業者が見つかれば、導入予定の製品を選んでおかなくても、協議しながら決めていくことができます。
ビジネスにおいては十分の経験と知識があっても、エアコン系に関してはよく通じていないというのが事実だと思います。
そうであれば、その道のプロの力を十分に借りながら、最終的に「最善の決定をした」と思えるように話を詰めていく必要があります。

page top